生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 豊洲市場の初競りで、最高値を付けたマグロを釣った漁師の山本昌彦さん=5日午前、青森県大間町
拡大
 豊洲市場の初競りで、最高値を付けたマグロを釣った漁師の山本昌彦さん=5日午前、青森県大間町

 豊洲市場の初競りで1億9320万円の値を付けた276キロのクロマグロは、青森県大間町の漁師山本昌彦さん(57)が釣った。山本さんは5日、地元漁港で報道陣の取材に応じ「漁師をやっていれば初競りで最高値を付けてもらうのは夢。長年の夢がかなった」とうれしそうに語った。

 山本さんはマグロはえ縄漁船の船長で、漁師歴は約40年。これまで何度も初競りに向けて出荷してきたが満足できる結果が得られず、数年前には船が火災に遭うなど苦しい時期もあっただけに「とりあえず良かった。令和初で縁起も良い」と喜びをにじませた。

 今回のマグロは12月29日朝、竜飛崎沖の津軽海峡で釣った。

生活の最新
もっと見る

天気(8月15日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 39℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ