総合 総合 詳報

  • 印刷
 エスパー国防長官(左)と米国防総省で共同記者会見に臨む河野防衛相=14日、ワシントン(AP=共同)
拡大
 エスパー国防長官(左)と米国防総省で共同記者会見に臨む河野防衛相=14日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】訪米中の河野太郎防衛相は14日(日本時間15日)、エスパー国防長官とワシントン近郊の国防総省で会談した。米国とイランが対立する中東情勢を巡り、事態のさらなる悪化を避けるべきだとの認識で一致。河野氏は海上自衛隊の中東派遣について説明し、会談後の共同記者会見で「米国との情報共有は当然だ。緊密に連絡を取りたい」と表明した。

 日本政府は中東・ホルムズ海峡の安全確保を目的とする米国主導の有志連合に参加しない。河野氏は会談で、日本として中東の緊張緩和に向けて粘り強く外交努力を続ける考えを伝達。エスパー氏は、中東派遣に謝意を示した。

総合の最新
もっと見る

天気(2月22日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 60%

  • 13℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ