国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは14日、イランによる首都テヘランでのウクライナ国際航空機撃墜の瞬間をとらえたとする新たな映像をホームページで公開した。イランの軍事施設から発射されたとされるミサイル2発が命中する様子が写っていると説明している。動画投稿サイト「ユーチューブ」にイラン人が投稿した映像を同紙が本物と確認したという。

 同紙によると、ミサイルは機体から約13キロ離れた軍事施設から発射された。基地から約6キロ離れた場所から撮影したというカメラ映像では、暗い画面の右から左へミサイルとされる白い光が飛んでいった後、さらに白く輝いた。

国際の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ