国際

  • 印刷
 15日、モスクワのクレムリンで会談するロシアのプーチン大統領(左)とミシュスチン連邦税務局長官(ロシア大統領府提供・タス=共同)
拡大
 15日、モスクワのクレムリンで会談するロシアのプーチン大統領(左)とミシュスチン連邦税務局長官(ロシア大統領府提供・タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は15日、内閣総辞職したメドベージェフ首相の後任にミハイル・ミシュスチン連邦税務局長官(53)を指名した。下院は16日に審理するが、与党統一ロシアが7割超の議席を占めており、承認は確実な情勢。

 ミシュスチン氏は2010年から連邦税務局トップを務めるなど税務分野での経験が長く、国営ロシア通信は「財政分野のテクノクラート(技術官僚)」と紹介。プーチン氏は実務能力を評価してミシュスチン氏を指名したとみられる。

 ただ、24年に大統領任期が終わるプーチン氏の念頭に「自身の後継者」との意向があるのかどうかは不明だ。

国際の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ