国際

  • 印刷
 フランスの極右政党、国民連合のマリーヌ・ルペン党首(ゲッティ=共同)
拡大
 フランスの極右政党、国民連合のマリーヌ・ルペン党首(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】フランスの極右政党、国民連合(RN)のマリーヌ・ルペン党首は16日、2022年の次期大統領選に出馬する意向を表明した。報道関係者との新年互礼会で、21年の党大会で承認される必要があると前置きした上で「じっくり考え、決心はついた。とても早いが、大統領選の準備をする意思を発表する」と述べた。

 ルペン氏は12年の大統領選では第1回投票で敗退したが、17年の前回は第1回投票で2位となり、決選投票で現大統領のマクロン氏に敗れた。次回も決選投票で同じ顔合わせになる可能性が指摘されている。

国際の最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ