社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、安倍晋三首相の地元支援者が多数招かれたり招待者名簿が廃棄されたりした問題の違法性を調べようと、宮城県内の弁護士が17日までに「『桜を見る会』を追及する弁護士の会・宮城」を立ち上げた。

 小野寺義象共同代表ら県内の弁護士10人が6日に結成した。今後、首相の政治資金収支報告書を精査したり国会議員と連携したりして、公選法違反や政治資金規正法違反などに当たるかどうかを調べる。刑事告発や民事訴訟を起こすことも検討する。

 小野寺弁護士は「法律家の目線で一つ一つの証拠を確かめる。運動が全国に広がってほしい」と語った。

社会の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ