社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 津市の国道で2018年12月、法定速度を大幅に超える速度で乗用車を運転、タクシーと衝突して4人を死亡させたなどとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた元ソフトウエア会社社長末広雅洋被告(57)について、津地検は17日、同法違反の過失致死傷罪を予備的訴因に追加することを津地裁に請求した。

 裁判員裁判初公判は3月12日に開かれる予定。地検は「公判前整理手続きの最中のため、コメントは差し控える」としている。

 末広被告は18年12月、津市内で時速約146キロで乗用車を運転。タクシーに衝突し3人を死亡させ、1人に重傷を負わせたとして起訴された。

社会の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ