国際

  • 印刷

 【パリ共同】前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告は、レバノンへの逃亡時期を昨年末にした理由について、日本の休暇時期を狙ったと明らかにした。17日付のスペイン紙パイスがインタビューを報じた。

 ゴーン被告は年末を選んだ理由を問われ「(日本の)人々はリラックスし、休暇を取り、スキーに出かけたりする時期だからだ。良いタイミングだった。逮捕されたときは驚かされたが、出国では彼らを驚かせた」と答えた。

国際の最新
もっと見る

天気(2月22日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 60%

  • 13℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ