国際

  • 印刷
 ロシア当局に連行された北海道根室市の歯舞漁協所属の「第68翔洋丸」(ロシア国境警備局提供・共同)
拡大
 ロシア当局に連行された北海道根室市の歯舞漁協所属の「第68翔洋丸」(ロシア国境警備局提供・共同)

 【モスクワ共同】北海道根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」が北方四島沖合でロシア国境警備局の臨検を受け国後島に連行された問題で、翔洋丸は20日に解放され、国後島の港を出港した。同日中にも根室に帰港するとみられる。日ロの関係者が明らかにした。

 国境警備局の当局者は20日、保証金の納付が確認されたため解放した、と説明した。日本の外務省や北海道が詳細を確認している。

 翔洋丸は6人乗りで15日夕、ロシアが主張する排他的経済水域(EEZ)で臨検を受け、国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)に連行された。

国際の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ