社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 青森県八戸市で昨年1月、パトカーが路肩に停車していた車に衝突し、乗っていた同市の20代女性がけがをしていたことが20日、県警などへの取材で分かった。県警は事故を公表していなかった。女性は県に対し、約160万円の損害賠償を求めて青森地裁八戸支部に提訴した。

 訴状などによると、近くで発生した交通事故の処理に向かっていたパトカーが昨年1月17日、積雪や凍結で滑り、道路左にあった女性の車に正面から衝突した。女性は左膝の打撲などのけがを負った。

 県警監察課の佐藤伸一次長は「通常の事故と同様、けがの程度などを考慮し公表しなかった」と説明している。

社会の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ