社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 森雅子法相は21日の閣議後記者会見で、保釈中の被告らが逃走するのを防ぐため、刑法や刑事訴訟法の改正を2月に法制審議会へ諮問する方針を明らかにした。刑務所から逃げた場合などに限られる刑法の逃走罪を保釈中の被告らにも適用することや、衛星利用測位システム(GPS)の身体への装着などが検討課題となる見通し。

 森氏は対策強化の意向を示していたが、法制審への諮問時期を明言したのは初めて。前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)のケースを念頭に、逃亡事件が最近相次いで発生していることに触れ、「方策全般について幅広い観点から議論してほしい」と語った。

社会の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 80%

  • 22℃
  • 19℃
  • 80%

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ