社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第7回公判が21日、横浜地裁で開かれた。弁護側は、被告が具体的な犯行計画を約2カ月前に友人に相談し始めたと明らかにした。妄想だと思った友人が凶器などを教えた。別の友人には事件前日、「時が来た」と語っていたという。

 弁護側が明らかにした複数の友人らの供述調書によると、16年5月上旬ごろ、被告から「50人は殺そうと思う。秋葉原(無差別殺傷事件)の時はどうしたんだっけ」と相談された。

社会の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ