国際

  • 印刷
 記者団の取材に答える国連のグテレス事務総長=21日、ニューヨークの国連本部(共同)
拡大
 記者団の取材に答える国連のグテレス事務総長=21日、ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は21日、リビア情勢に関する非公開会合を開いた。会合後、今月の議長国ベトナムのダン国連大使は、ベルリンで19日に開かれた和平国際会議が恒久停戦への協力強化で一致したことを歓迎し、内戦当事者に「速やかな停戦合意の実現へ建設的に取り組む」ことを求める議長所感を発表した。全15理事国が合意した。

 これに先立ち国連のグテレス事務総長は記者団に対し、ベルリン会議を「大きな一歩」と評価した上で「まだ始まりにすぎない。本格停戦を実現し、真の政治プロセスに取り組む必要がある」と指摘。「安保理の役割が不可欠だ」と強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ