社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 相模原市の路上で2017年12月、会社員松岡隆行さん=当時(60)=を刺殺したとして殺人罪に問われた大石明彦被告(41)の控訴審判決で、東京高裁は23日、無罪とした一審横浜地裁裁判員裁判判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。検察側は一審で懲役18年を求刑していた。

 凶器は発見されておらず、事件現場に落ちていた被告の眼鏡とたばこや、被告の自宅アパートの駐輪場にあった被害者の血が付いた自転車から、被告が犯人といえるかどうかが争点だった。

 昨年5月の一審判決は、被告が犯人と立証できていないと判断した。

社会の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 70%

  • 14℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ