国際

  • 印刷

 【ダボス共同】ムニューシン米財務長官は23日、スイス東部ダボスで記者会見し、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんが呼び掛ける脱化石燃料への取り組みに関し「大学で経済を勉強してから説明に戻ってきてもらいたい」と突き放した。行き過ぎる内容は雇用にも響くため、幅広い視点で捉えるべきだとの認識を示した。

 ダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に出席したムニューシン氏は、米国が炭素排出の削減で主導的な役割を果たしていると強調し「米国の政策は誤解されている」と訴えた。

国際の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ