生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 23日、WHOの緊急委員会後に記者会見するフサン委員長(右)ら=スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)
拡大
 23日、WHOの緊急委員会後に記者会見するフサン委員長(右)ら=スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は23日、新型コロナウイルスによる肺炎への対応を協議する緊急委員会を2日連続で開いた。「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と認定するには「現時点では時期尚早」として、当面は緊急事態宣言を見送ることを決定した。

 緊急委終了後、記者会見したフサン委員長は宣言を見送った理由について、中国国外での感染例が依然少ないことや、最初に感染が確認された湖北省武漢市を事実上封鎖するなどの中国当局の対応を挙げた。

 テドロスWHO事務局長は「中国内では間違いなく緊急事態だ」と強調した。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(2月24日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ