国際

  • 印刷
 24日、人工妊娠中絶反対を訴える集会で演説するトランプ米大統領=ワシントン(AP=共同)
拡大
 24日、人工妊娠中絶反対を訴える集会で演説するトランプ米大統領=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、47回目となる首都ワシントンでの人工妊娠中絶反対を訴えるデモの集会に現職大統領として初めて出席した。中絶にはトランプ氏の支持層のキリスト教右派を中心に反対が強い。上院でウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判に直面する中、再選を狙う11月の大統領選に向けて支持固めを図った。

 デモは1973年に最高裁が中絶を合憲化した翌年から毎年実施。中絶を巡り米世論は賛否が大きく割れ、過去の大統領は直接の参加を見送ってきた。

 トランプ氏は集会で「赤ん坊は神から与えられた神聖な贈り物だ」と強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ