社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 兵庫県洲本市(淡路島)で2015年3月、男女5人をサバイバルナイフで刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた平野達彦被告(45)の控訴審判決で大阪高裁(村山浩昭裁判長)は27日、「妄想性障害による心神耗弱状態だった」と認め、死刑とした一審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

 裁判員裁判の死刑判決が破棄され、二審で無期懲役に減刑されたのは7件目。

 二審で高裁は新たに精神鑑定を実施。担当した別の医師の「犯行時の被告の妄想性障害は活発だった」との証言に基づき、弁護側は心神喪失か心神耗弱状態だったとして死刑破棄を求めた。

社会の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ