社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 天板部分に覚醒剤が練り込まれていたとみられる机=27日、東京税関羽田税関支署
拡大
 天板部分に覚醒剤が練り込まれていたとみられる机=27日、東京税関羽田税関支署

 警視庁組織犯罪対策5課と静岡県警などは27日までに、麻薬特例法違反の疑いで、指定暴力団極東会系組員の山崎大揮容疑者(32)=静岡県三島市青木=ら男2人を現行犯逮捕した。机の天板部分に覚醒剤を練り込み、アラブ首長国連邦(UAE)から密輸しようとしたとみて調べている。

 机は2台あり、いずれも天板部分に覚醒剤が練り込まれていたとみて調べている。天板2枚の重さは計約400キロだった。昨年12月23日にドバイから羽田空港に直行便で運ばれ、今年1月17日に東京税関の検査を受けた。天板と脚を止めるねじに粉末が付着していたため、調べた結果、覚醒剤と判明した。

社会の最新
もっと見る