社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 マンション1階エントランスのひさしが落下し、作業員が下敷きとなった事故現場=27日、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)
拡大
 マンション1階エントランスのひさしが落下し、作業員が下敷きとなった事故現場=27日、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

 27日午前9時40分ごろ、東京都渋谷区恵比寿3丁目のマンションで、1階エントランスのひさしが落下、補修作業をしていた50代の男性作業員2人が下敷きになり1人が死亡した。もう1人も胸などを骨折し、病院に運ばれたが意識はあるという。

 警視庁渋谷署によると、ひさしは縦約3メートル、横約2・4メートル、厚さ約30センチ。重さが400キロほどあるとみられ、高さ約2・5メートルの位置に設置されていた。経年劣化で腐食した部分があるとして、2人は点検中だった。

 近くにいた別の作業員が119番した。渋谷署は業務上過失致死傷の疑いも視野に安全管理の状況などを調べる。

社会の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ