社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 東京地検が家宅捜索に入った弘中惇一郎弁護士の事務所が入るビル=29日午後、東京都千代田区
拡大
 東京地検が家宅捜索に入った弘中惇一郎弁護士の事務所が入るビル=29日午後、東京都千代田区

 東京地検は29日、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンに逃亡した事件の関係先として、被告の弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士の東京都千代田区の事務所を家宅捜索した。

 ゴーン被告の逃亡後、地検は被告が保釈中に弘中氏の事務所で使用していたパソコンの任意提出を求めたが弁護団は応じなかった。地検は差し押さえ令状を取得して8日に弘中氏の事務所を訪れたが、弁護団は刑事訴訟法に規定された押収拒絶権に基づいて拒否し「押収は違法」との見解を示していた。

 弘中氏は16日付でゴーン被告の弁護人を辞任している。

社会の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 80%

  • 11℃
  • 6℃
  • 70%

  • 14℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

お知らせ