国際

  • 印刷
 9日、テヘラン東方のセムナン州のホメイニ宇宙センターで打ち上げられた人工衛星搭載ロケットの映像(国営イラン放送提供、AP=共同)
拡大
 9日、テヘラン東方のセムナン州のホメイニ宇宙センターで打ち上げられた人工衛星搭載ロケットの映像(国営イラン放送提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】国営イラン放送によると、イラン当局者は9日、人工衛星を搭載したロケットを同日夜に打ち上げたが、衛星を軌道へ乗せることに失敗したと明らかにした。必要な速度に達しなかったとした。米政権は大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発につながるとしてイランの衛星打ち上げに反対している。

 イランは11日に革命記念日を控えている。宇宙開発の技術力を誇示して国威を発揚する狙いがあったとみられるが、思惑通りにはならなかった。

 国営メディアによると、国産ロケット「シモルグ」は、首都テヘラン東方のセムナン州のホメイニ宇宙センターで打ち上げられた。

国際の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 9℃
  • 3℃
  • 10%

  • 8℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ