国際

  • 印刷
 12日、ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部で開かれた国防相理事会で会話を交わすストルテンベルグ事務総長(左)とエスパー米国防長官(中央)(AP=共同)
拡大
 12日、ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部で開かれた国防相理事会で会話を交わすストルテンベルグ事務総長(左)とエスパー米国防長官(中央)(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は12日、ブリュッセルの本部で国防相理事会を開き、過激派組織「イスラム国(IS)」対策として行っているイラク軍訓練任務を拡大することで基本合意した。拡大規模などは今後詰める。NATOの中東での関与拡大を迫るトランプ米大統領の要求に応じる形。

 NATOは約500人をイラクに派遣し訓練に当たってきたが、1月に同国で米軍がイラン精鋭部隊司令官を殺害した後の緊張激化に伴い、訓練を停止。12日に記者会見したNATOのストルテンベルグ事務総長は、訓練の早期再開方針も示した。

国際の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ