社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 土砂災害警戒区域に指定されている神奈川県逗子市の市道脇の斜面を点検する市職員=13日午後
拡大
 土砂災害警戒区域に指定されている神奈川県逗子市の市道脇の斜面を点検する市職員=13日午後

 神奈川県逗子市の道路脇の斜面が崩落し、歩いていた県立高校の女子生徒(18)が巻き込まれて死亡した事故を受け、逗子市は13日、土砂災害警戒区域にあり市道に接している斜面について、崩落の前兆の有無を確認する目視点検を行った。

 事故は5日早朝に発生。崩落斜面は私有地で、県が土砂災害警戒区域に指定していた。

 逗子市では119カ所が土砂災害警戒区域に指定されており、そのうち市道脇の17カ所を点検。市職員約60人が市道を歩きながら、斜面に亀裂や不審な水漏れなどがないかどうか見て回った。

社会の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ