総合 総合 詳報

  • 印刷
 中国の習近平国家主席(右)と会談するトランプ米大統領=2019年6月(ロイター=共同)
拡大
 中国の習近平国家主席(右)と会談するトランプ米大統領=2019年6月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。

 中国を含むアジア全体では、地域経済の急成長を背景に、軍事費が過去10年で1・5倍に膨らんだ。

 自国第一を掲げるトランプ米大統領の下、軍事費を増やし続けてきた米国と、軍事力の近代化を図る中国の軍事費はいずれも6・6%増。首位の米国は6846億ドル。

総合の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 20℃
  • 2℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ