スポーツ

  • 印刷
 中部電力を破り決勝進出を決め、抱き合って喜ぶロコ・ソラーレの藤沢(左から2人目)ら=軽井沢アイスパーク
拡大
 中部電力を破り決勝進出を決め、抱き合って喜ぶロコ・ソラーレの藤沢(左から2人目)ら=軽井沢アイスパーク

 カーリングの日本選手権第7日は15日、長野県の軽井沢アイスパークで変則方式の決勝トーナメントが行われ、女子は1回戦で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレ(1次リーグ2位)が2連覇を目指す中部電力(同1位)を5-4で破り、16日の決勝に進んだ。

 準決勝は中部電力が北海道銀行(同3位)を10-4で下し、決勝でロコ・ソラーレと対戦する。

 男子は前回王者のコンサドーレ(同1位)が1回戦でTM軽井沢(同2位)に10-3で快勝し決勝進出。準決勝はTM軽井沢がSC軽井沢ク(同3位)に6-5で競り勝ち、決勝に進出した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ