スポーツ

  • 印刷
 決勝で中部電力と対戦し、指示を出すロコ・ソラーレの藤沢(上)=軽井沢アイスパーク
拡大
 決勝で中部電力と対戦し、指示を出すロコ・ソラーレの藤沢(上)=軽井沢アイスパーク

 カーリングの日本選手権最終日は16日、長野県の軽井沢アイスパークで決勝が行われ、2年連続同じ顔合わせとなった女子は平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレが前回優勝の中部電力を延長の末7-6で下し、4年ぶり2度目の優勝を飾った。ロコ・ソラーレは3月の世界選手権(カナダ)の出場権を獲得した。

 ロコ・ソラーレは4-5の第9エンドに、スキップ藤沢の好ショットで2点を奪って逆転。第10エンドに1失点したが、延長の第11エンドに1点を奪って競り勝った。

 男子はコンサドーレがTM軽井沢を6-4で退け、2年連続2度目の優勝。男子は世界選手権出場枠を獲得していない。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月8日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ