経済 経済 新商品

  • 印刷

 日本郵便は17日、不正アクセスを受け、同社のインターネット上の住所に当たるドメイン名で、6~7日にかけて約4千通の意図しないメールが送信されていたと明らかにした。外部の専門家も交え、何者かによる攻撃の手法や原因、被害の詳細などを調査している。

 日本郵便によると、ドメインは海外出張者用のもの。接続業者(プロバイダー)からの連絡で7日に発覚した後、ログインパスワードを変更、外部との接続を遮断した。送られたメールの内容は不明で、これまでに受信者からの問い合わせはないという。

 日本郵便は「今回の事態を重く受け止め、情報セキュリティー対策を強化する」とコメント。

経済の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ