社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 カン・ジョ・テッ容疑者(三重県警提供)
拡大
 カン・ジョ・テッ容疑者(三重県警提供)

 三重県四日市市の塗装会社で17日、背中を刺されるなどして死亡しているのが見つかったミャンマー人の男性について、県警は殺害されたと断定した。同日夜に殺人容疑で、所在が分からなくなっていた同国籍の技能実習生カン・ジョ・テッ容疑者(28)=同市=の逮捕状を取り、全国に指名手配していたが、捜査関係者によると18日未明、逮捕した。

 県警は17日、死亡したのは同容疑者の同僚の技能実習生エイ・テツ・ジョーさん(25)=同=と発表。司法解剖の結果、死因は背中を刺されたことによる多量出血だった。

 県警によると、近鉄富田駅で16日、同容疑者と似た男が防犯カメラに写っていた。

社会の最新
もっと見る

天気(4月8日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ