社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 規制線が張られた事件現場付近を警備する警察の車両=18日午前8時42分、静岡県菊川市
拡大
 規制線が張られた事件現場付近を警備する警察の車両=18日午前8時42分、静岡県菊川市

 静岡県菊川市で17日夜、ブラジル人夫婦が刃物のようなもので刺され夫(44)が死亡した事件で、県警は18日、現場から凶器が見つかっておらず、妻(43)が「襲った男が歩いて逃げた」と説明していることから、殺人容疑などで菊川署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、夫の派遣社員デ・ソウザ・マルコスさんは17日午後7時半ごろ、仕事から帰宅した際、菊川市赤土の自宅玄関先で襲われた。上半身を複数箇所刺されていた。

 自宅にいた妻の派遣社員タカハシ・デ・ソウザ・クリスチャーニ・マリーさんが外に出ると2人がもみ合っており、止めに入った際に腕などを複数刺され軽傷を負った。

社会の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 30℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

お知らせ