スポーツ

  • 印刷

 2030年冬季五輪招致を目指している札幌市が、開催が決まった場合、1998年長野冬季五輪で使ったそり競技施設「スパイラル」を利用できる見通しであることが18日分かった。所有者の長野市が許可する方針を固めた。来月にも両市が経費負担の在り方や招致活動における協力などを定めた覚書を結ぶ方向で調整している。長野市関係者が明らかにした。

 スパイラルは現在、コースに氷を張っておらず正規競技ができない状態だ。関係者によると、覚書には、スパイラルの整備や稼働の経費を長野市は原則負担しないことなどを盛り込む方向で検討している。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ