総合 総合 詳報

  • 印刷
 公判のため、大阪地裁に向かう「森友学園」の前理事長籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=19日午前
拡大
 公判のため、大阪地裁に向かう「森友学園」の前理事長籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=19日午前

 小学校建設などを巡り、国や大阪府、大阪市の補助金計約1億7千万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(67)と妻諄子(本名・真美)被告(63)の判決で、大阪地裁(野口卓志裁判長)は19日、泰典被告に懲役5年、諄子被告に懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。求刑はいずれも懲役7年だった。

 両被告は「補助金詐取の共謀や故意はなかった」と無罪を主張。地裁は起訴内容のうち、諄子被告の府市の補助金詐取については故意や共謀を認めず無罪とした。

総合の最新
もっと見る

天気(4月4日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 50%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ