社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 所有権が民間業者に移された北九州市小倉北区の工藤会本部事務所の跡地=19日
拡大
 所有権が民間業者に移された北九州市小倉北区の工藤会本部事務所の跡地=19日

 北九州市は19日、昨年11月から進めていた特定危険指定暴力団工藤会(同市小倉北区)の本部事務所の解体作業が終了し、跡地の所有権が福岡県内の民間業者に移されたと明らかにした。最終的に、市内で生活困窮者支援に取り組むNPO法人「抱樸」が買い取り、福祉施設が整備される。

 市民襲撃事件を受け2014年9月から県警が頂上作戦を展開してきた工藤会の「象徴」がなくなり、組織の弱体化が一層進むとみられる。

 本部事務所は鉄骨4階建てで、JR小倉駅から約2キロ離れた約1750平方メートルの敷地にあった。頂上作戦後、暴力団対策法に基づく使用制限命令を受け「空き家」状態だった。

社会の最新