社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新潟県長岡市で昨年6月、生後3カ月の長女を自宅の階段から落とし殺害したとして、殺人罪に問われた母親の市職員伊藤法子被告(32)の裁判員裁判で、新潟地裁は19日、重度の産後うつで心神耗弱状態だったと認定し、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で山崎威裁判長は「被害者が泣きやまず不安、焦燥がピークとなりパニックを起こした」と刑事責任能力は著しく低かったと指摘。「泣きやませるために殺害したのは一見身勝手ではあるが、うつ病が大きく影響し、強く非難はできない」と述べた。

社会の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ