スポーツ

  • 印刷
 取材に応じポーズをとる男子マラソンの井上大仁=長崎市
拡大
 取材に応じポーズをとる男子マラソンの井上大仁=長崎市

 男子マラソンで東京五輪代表入りを目指す井上大仁(MHPS)が19日、長崎市で取材に応じ、代表の残り1枠を争う3月1日の東京マラソンへ「いい調子で練習できている。日本記録を一つの目標として、それ以上のレベルで優勝争いに絡んでいければ」と抱負を述べた。

 代表入りには2時間5分50秒の日本記録突破が不可欠。「代表権をどうこうというのは今は考えていない」と話す27歳の井上の自己ベストは2018年の東京マラソンで出した2時間6分54秒で、1分以上更新したうえで日本勢最上位となる必要がある。

 新型コロナウイルスの感染拡大により大会は一般ランナー抜きで実施される。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ