スポーツ

  • 印刷
 練習場で最終調整する松山英樹(左)と石川遼=19日、チャプルテペックGC(共同)
拡大
 練習場で最終調整する松山英樹(左)と石川遼=19日、チャプルテペックGC(共同)

 【メキシコ市共同】20日に始まる男子ゴルフの世界選手権シリーズ、メキシコ選手権に石川遼、松山英樹、2年連続日本ツアー賞金王の今平周吾が出場する。開幕前日の19日は会場となるメキシコ市郊外のチャプルテペックGC(パー71)で選手たちが最終調整した。

 石川は時差調整を兼ねて前週に現地入りし「高地で飛距離が出るコース。全部の番手の距離が確認できて、いい準備ができた」と前向きに話した。この日は9ホールをプレーした後、練習グリーンで松山と談笑しながらパットの調整も行った。

 6月下旬に確定する東京五輪の出場権獲得を目標に掲げる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ