スポーツ

  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、ギリシャから五輪の聖火が日本に到着する3月20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地で開く式典で、空自のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が五輪マークを空に描くパフォーマンスをすると正式発表した。

 ブルーインパルスは1964年東京五輪や98年長野冬季五輪の開会式、昨秋のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦前のセレモニーにも登場した。

 組織委によると、到着式は午前11時から50分間の予定。聖火のランタンから聖火皿に点火され、ブルーインパルスが5色のスモークで五つの輪を描く計画。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ