国際

  • 印刷
 判決後に報道陣の前に姿を見せたロジャー・ストーン被告=20日、米ワシントン(ロイター=共同)
拡大
 判決後に報道陣の前に姿を見せたロジャー・ストーン被告=20日、米ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のロシア疑惑を巡り偽証罪などで有罪評決を受けた同氏の盟友ロジャー・ストーン被告(67)に対し、首都ワシントンの連邦地裁は20日、禁錮3年4月の判決を言い渡した。禁錮9~7年を求めた検察官意見をトランプ氏が「重すぎる」と批判、バー司法長官が意見を撤回させ、「司法介入」との批判が高まった経緯がある。

 トランプ氏は20日も西部ネバダ州ラスベガスでの会合で、有罪評決を出した陪審員の中に反トランプ主義者がいたと非難。ストーン被告が裁判のやり直しを求めているのを念頭に「無罪になる可能性が十分にある」と主張した。

国際の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ