社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 小4女児虐待死事件で、栗原勇一郎被告の裁判員裁判初公判が開かれる千葉地裁の法廷=21日午前(代表撮影)
拡大
 小4女児虐待死事件で、栗原勇一郎被告の裁判員裁判初公判が開かれる千葉地裁の法廷=21日午前(代表撮影)

 証言台に立った父は、涙ぐみながら反省の言葉を口にした。虐待を訴えた栗原心愛さん=当時(10)=が亡くなって1年余り。「私がしたことは決して許されることではない」。傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)は21日の初公判で謝罪した。ただ、冷水シャワーを顔に浴びせるといった多くの行為については「していません」と強く否定した。

 黒のスーツに青のネクタイ姿の勇一郎被告は、深く一礼して法廷に。「罪状認否に臨むに当たり、一言申し上げてよろしいでしょうか」。そう切り出すと、背筋を伸ばして用意してきた紙を読み上げ始めた。

社会の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ