社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京地検立川支部は21日、生後1カ月の長女を揺さぶり死亡させたとして、傷害致死罪に問われた中馬隼人被告(43)を無罪とした東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を不服として、東京高裁に控訴した。

 7日の判決は、長女の急性硬膜下血腫や肋骨骨折について、被告が事件後に抱えて動かした時や、心臓マッサージをした際に生じた可能性があると指摘。「傷害が被告の揺さぶりで生じたと断じるには無理がある」としていた。

 被告は2017年1月、東京都町田市の自宅で長女の頭を激しく揺さぶって急性硬膜下血腫などを負わせ、同3月22日に入院先で傷害が原因の肺炎で死亡させたとして起訴された。

社会の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 30℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

お知らせ