社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し自宅浴室で死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判は21日午後、証拠調べがあり、検察側は、自宅から押収した心愛さんが書いたとみられる両親宛ての反省の手紙を読み上げた。手紙には「今日は申し訳ありませんでした。これからお手伝いをします。パパとママの言うことを聞きます」などと記されていた。書かれた時期や経緯は明らかにされていない。

 1年生の時に書かれたとみられる別の書面には、自分がした悪いこととして「体育でせきが止まらないと言って休みました」などとしていた。

社会の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ