国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米国防総省高官は21日、新しい海洋発射型の核巡航ミサイルを「7年から10年程度」で配備することを目指す考えを記者団に明らかにした。低出力で「使える核」と称される小型核弾頭を最近、潜水艦に配備したことと合わせ、中国やロシアとの軍拡競争を加速する恐れがありそうだ。

 新たなミサイルは、2010年に退役が決まった核搭載型巡航ミサイル「トマホーク」の後継に当たる。日本を含む太平洋地域に配備される可能性も指摘されている。

 巡航ミサイルは低空を飛ぶため、弾道ミサイルと比べてレーダーで捕捉されにくく、各国が開発を進めている。

国際の最新
もっと見る

天気(7月15日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ