国際

  • 印刷
 22日、暴力削減措置初日のアフガニスタン首都カブール中心部。いつもと変わらず人と車で混雑している(共同)
拡大
 22日、暴力削減措置初日のアフガニスタン首都カブール中心部。いつもと変わらず人と車で混雑している(共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は、アフガニスタンで22日に始まった反政府勢力タリバンとの事実上の停戦を成功させて和平合意を締結し、2001年から続く「米史上最長の戦争」の終結を急ぐ方針だ。米国内で厭戦気分が広がる中、11月の大統領選を控え、公約に掲げる海外駐留米軍の大幅削減を実現し、外交成果とアピールする狙いがある。

 トランプ氏は今月4日の一般教書演説で「米国は他国の警察ではない。米国史上、最も長期間にわたった戦争を終わらせ、部隊を撤収させるために努力している」と意欲を示していた。

国際の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ