政治

  • 印刷

 国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の記者会見で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を巡る法解釈変更の経緯を記した文書に関し、法務省が「口頭による決裁を経た」と発表したことを強く批判した。玉木氏は元財務官僚。「今まで駄目だったものを真反対に解釈変更する際、文書で決裁を取らないことは霞が関の歴史上、あり得ない」と述べた。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長も取材に「国民が納得するわけがない。法治国家の体をなしていない」と疑問を呈した。

 玉木氏は「どう考えても後付けの説明だ。やっている本人たちも訳が分からなくなっているのではないか」と指摘した。

政治の最新
もっと見る

天気(4月10日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 6℃
  • 20%

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

お知らせ