経済 経済 新商品

  • 印刷

 日本航空、丸紅、日揮、JXTGエネルギーの4社は25日、廃プラスチックなどの廃棄物を原料とした航空燃料の製造販売に関し、国内での事業性を共同調査すると発表した。CO2排出削減に向けた取り組みの一環で、代替燃料として2026年をめどに航空機の定期便で使うことを目指す。

 現在はリサイクルできず焼却や埋め立てをしている、中・低品位の廃プラスチックを含む廃棄物について、年内に収集や処理方法、CO2の削減効果を検証する。代替燃料製造には日航、丸紅が出資する米国企業の技術を活用。20年代前半に試験を行い、25年ごろに商業用燃料の製造設備を着工する方針だ。

経済の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ