社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 岡山協立病院(岡山市)のコインランドリーで乾燥機が倒れ腰椎を骨折したとして、入院患者の女性(89)が運営元の岡山医療生活協同組合と、乾燥機のレンタル業者に計約1040万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁(佐々木愛彦裁判官)は25日、固定を怠ったとして同組合に約655万円の支払いを命じた。

 判決によると、2011年、レンタル契約に基づき業者が病院内に洗濯機と、その上の専用ユニットにねじ止めした乾燥機を設置。両機は壁などに固定されていなかった。女性は15年9月、乾燥機の扉をつかんで奥から衣服を取り出そうとした際、乾燥機が倒れ腰椎を骨折した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ