社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 健常者を対象にした鍼灸師や柔道整復師などの養成学校を運営する「平成医療学園」(大阪市)が申請したあん摩マッサージ指圧師課程の新設について、国が視覚障害者の有資格者を保護する法規定を理由に認めなかったのは違憲だとして、処分取り消しを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は25日、規定は合憲と判断し請求を棄却した。

 判決理由で三輪方大裁判長は、厚生労働省の調査などから「視覚障害者のあん摩マッサージ指圧師業へ依存する程度は依然として高い」と指摘。「職域を優先し、生計の維持が著しく困難となることを回避するという規定の目的には合理性がある」と判断した。学園側は控訴する方針。

社会の最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ