生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 新作漫画「ぱいどん」の発表会で写真に納まる手塚真さん(左から5人目)ら=26日午後、東京都文京区
拡大
 新作漫画「ぱいどん」の発表会で写真に納まる手塚真さん(左から5人目)ら=26日午後、東京都文京区
 披露された新作漫画「ぱいどん」=26日午後、東京都文京区
拡大
 披露された新作漫画「ぱいどん」=26日午後、東京都文京区

 人工知能(AI)が手塚治虫の作品を学習し、物語の原案などを担った新作漫画「ぱいどん」が26日、東京の講談社で披露された。プロジェクトに参加した長男の真さんは「AIが漫画を描くなんて、まさに手塚作品のよう」と感想を語った。27日発売の漫画誌「モーニング」に掲載される。

 作品は2030年の東京でホームレスの哲学者「ぱいどん」が事件を解決する物語。AIが「ブラック・ジャック」などの手塚漫画を読み込んでシナリオ原案を作り、人間の脚本家が手を加えて仕上げた。登場人物の顔も、AIが手塚漫画のキャラクターを学習するなどしてデザインした。後編も制作中という。

生活の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ