社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し死なせたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判公判が27日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれた。心愛さんの母(33)は証人尋問で、心愛さんが死亡するに至った2019年1月22~24日の状況について「被告が監視し食事をあげられなかった。ぬれた下着姿で風呂場に朝まで立たされていた」と証言。被告には「二面性があった」とし「できる限り重い刑にしてほしい」と語った。

 証言によると、トイレに行かせてもらえなかった心愛さんは19年1月23日夜にお漏らしした罰として風呂場に立たされた。

社会の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ