社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し死なせたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の千葉地裁の裁判員裁判で、心愛さんの母(33)は27日、証人尋問で被告が虐待した理由を「正義感がとても強い心愛の性格を気に入らなかったのではないか」と述べた。

 母は検察側の質問に対し、勇一郎被告の性格を「二面性があり、他人には自分を良く見せようと演じている。家族に見せる顔は自己中心的で、思い通りにならないとすぐに怒る」と説明した。

 弁護側は沖縄県で暮らしていた頃の生活について質問し、母は「みんな海が好きで3人でよく行っていた」と語った。

社会の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ